デザインデザイン

伝統と先進が調和する、和歌山の新ランドマークへ。伝統と先進が調和する、
和歌山の新ランドマークへ。

FACADE DESIGN

連子窓と門をモチーフに、
都市にひときわ映える建築美。

交差点からの眺望を意識した、新たなランドマークとなるデザイン。
ルーバーやマリオンなどの連子窓を想わせる縦ラインの連続、
門型フレームの構成といった歴史性ある要素を用いて、
住宅棟・学校棟・商業棟の3棟が調和した建築美を描きます。

外観完成予想図
外観完成予想図

ENTRANCE DESIGN

武家屋敷跡にふさわしい、
格式と伝統を物語る構え。

門型フレーム、縦格子と瓦タイル貼りの意匠によって、城下町の武家屋敷跡にふさわしい品格あるエントランスを構成。格子の隙間からやわらかな光が漏れるアプローチが、住まう方を格調高く出迎えます。

ENTRANCE APPROACH エントランスアプローチ完成予想図
エントランスアプローチ完成予想図

MATERIALS

ウォームグレーのタイルを基調に、
伝統の意匠で和モダンに。

基壇部はウォームグレーのタイルを基調に、日本の伝統色によりモダンな中に暖かみを持たせました。また、アプローチ・エントランスホールには、漆喰調の白壁、瓦タイル、縦格子、組子など、和のテイストを意匠に活用し、上質さを主張しました。

MATERIALS
外観完成予想図 外観完成予想図
外観完成予想図

PREMIUM VIEW

夏夜を彩る祭典を、私邸から楽しむ贅。